歯並びを良くする治療を

歯科矯正

俗に言う出っ歯の人は、歯が出ていることのコンプレックスは精神的にも相当な負担となっていると思われます。仲間からは揶揄われることが多く、男性ならば女性にもてることを諦めることにもなりかねません。また中には結婚自体を諦めてしまうと言った人も現れ、その心境には自分の子供にも同じような環境になって欲しくないと言うことがあると言われます。しかし今の時代は医療技術も進歩したことで、出っ歯も正常な歯に戻すことが可能になっています。少し前までは歯の矯正を嫌がる人も多かったのですが、時代の変化もあり今ではごく普通に歯の矯正をしている人がみられるようになって来ました。歯が出てしまう原因には二通りあると言われ、一つは下アゴの成長が不足してしまった時に起こる場合があり、二つ目には上アゴが下アゴより成長しすぎてしまうことから起きることになります。出っ歯を治すことは見た目的なことを考える人も多くなりますが、上下の噛み合わせが悪いことで綺麗に噛み切ることが出来ない不便さが出て来ます。更にが歯並びが悪いことで、歯磨きも大変な上虫歯にもなりやすくなっています。また恥ずかしいことに口がキチンと閉じることが出来ず、いつも口が開いていることになり、しまった表情になりにくいと言うデメリットがあり、口の中も常に乾燥状態となってしまいます。

治療方法のいろいろ

女性

出っ歯を治す方法には、通常の矯正方法が取られることが多くなります。金属のブラケットを付ける一般的な方法であり、歯に固定したブラケットと言う装置をワイヤーで引っ張り歯並びを綺麗にするものです。前歯に金属のブラケットが付けられることから目立つことになり、この方法をイヤがる人もいることから、透明なブラケットを使う矯正方法も行われるようになっています。また歯の裏側にブラケットを装着する方法も行われ、舌側矯正と呼ばれています。舌のそばに装置が来ることから、多少の違和感とかイズさが出ると言われますが、矯正装置が見えにくいことが大きなメリットにもなっていて、最近では多くの人が希望するようになりました。同様に目立たない治療として人気となっているのが、マウスピースを咥える方法です。マウスピース型矯正と言われることの特徴には、自分自身で装置を外すことが可能となることです。一日に19時間から20時間ほど咥えることが必要で、歯を磨く時などは外すことが出来る便利な方法です。この方法も人に判らないように治療が出来ることになり、仕事をしている女性には救いの治療方法と言われています。

広告募集中